選ばれし者&選ぶ者

  • 2016.01.30 Saturday
  • 07:17
 人生を振り返ってみたり、又麻雀においても、

大事な事は、”選ばれる事”此れに尽きるように思う。

 世間的に言えば、高島屋を選ぶか松坂屋を選ぶか?
はたまたビックカメラか山田電機か?
 企業は、この選ばれる努力をしている。
 アプローチは多岐多様ではあるわけだが・・・・

さて、2軒立直が掛かっていて、中中中 1123 ´´↓ 一二三
1を切るか,鮴擇襪?
条件無しとしましょうか、
片方は1が当たり片方は,当たり。

この、場合のような時に選ばれる側の人間に成る努力を日々していく事が、人生においても麻雀においても勝ちを得る最重要な事だと思う。

 10年ぐらい前、一つの麻雀教室でそこは40人ぐらいが20代で・・
ありきたりの質問を受ける
「どうしたら上手く成れますか?勝てますか?」
こんな答え方をした。
「では、来る前に花に水をやる。とか、お母さんの肩を100回揉んでから来るとか・・・何か良い事をしてから教室に来てください」
 と、実際、こんな所が必勝法ではないのだろうか?
と、本気で考えている。

 企業でも、部屋の角のごみ箱をどけて、隅まで掃除機を掻ける人とそのままで見える範囲のみ搔ける人とでは観る目の評価が違い、強いては何かで選ばれる時、同条件なら前者を選ぶように・・・・

 若いころ、私も同じ質問をした。
「麻雀で勝つためには?」
「鈴木よ〜、日々の生活から見直せよ、全てに勝って来ている人間はそんなこと聞かないし、勝つ事が当たり前に成る」
「何時も勝ったり負けたりでいい加減な奴が、勝ちたい時だけ勝とう。なんて、虫が良すぎるんじゃねえのか?」
 と、桜井章一氏に

 まっ、言われた時は、頑張ってもみるのですが・・・・3日坊主で、自分でもダメだなこりゃ・・・なんて思う。

 実は、麻雀においては、もう一つ。
この、選ばれる方では無く、選ぶ方。
ここで、言えば1に手を掛けるか,房蠅魍櫃韻討靴泙Δ里?
これを麻雀では”場面屋”て言うのですが、現在、この用語を耳にする事は無いですね

 昔は言われた、”場面屋に成るな”

これも、アマチュア時代に質問した。
アマチュア時代、当然の2択だと思っていた質問に
「僕はどちらも切らない」
と、答えて頂いたのは安藤満プロであった。

 成るほど、それがプロとアマチュアの違いかな?と、20代の私は肝に銘じた。

  場は平らに!!



 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

訪問時1クリックお願いします。

自宅で麻雀、チャット対応

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM